古くは濃尾平野にて農業を中心に田園都市として発展してきた「あま市」

古くは濃尾平野にて農業を中心に田園都市として発展してきた「あま市」

近年では名古屋駅まで約15分の位置にあることから、名古屋市の
ベッドタウンとして人気のある街です。
こちらではそんなあま市の住みやすさについてご紹介いたします。

立地・費用感について

立地・費用感について

名古屋からほど近いため、重要視される最寄り駅に関しては名鉄津島線の甚目寺駅、七宝駅、木田駅が東西に並ぶような形になります。甚目寺駅から名古屋駅までは約10分ですが、朝は通勤ラッシュになるためご注意が必要です。
また現在のあま市の家賃相場については、愛知県全体平均より1万円~最大4万円ほどお得です。

暮らしについて

暮らしについて

大型幹線道路が無いので騒音も少なく、名古屋近郊としては比較的静かなので過ごしやすいでしょう。
田園風景が残るのんびりとした優雅なエリアではありますが、コンビニはもちろん、ピアゴといった中規模ショッピングセンターなどもいくつかございます。

学校について

学校について

あま市内には、市立小学校が12校、市立中学校が5校、公立高校が2校ありますが、待機児童率が驚きの“0%”と小さなお子様がいるご家族には安心です(2016年3月現在)。
あま市では出生から小学校卒業までの通院時の自己負担を助成しています。また出生から中学校卒業までの入院時の自己負担も助成があります。いずれも所得制限はありません。

あま市の名所スポット

あま市は、経済産業省指定の伝統的工芸品でもある「尾張七宝」や、尾張四観音の一つとして有名な「甚目寺観音」、漬物の神様が祀られていることで知られる「萱津神社」など、文化・歴史的にも見どころが多くあります。

  • 鳳凰山甚目寺
    七宝郷土資料館
  • あま市七宝焼きアートビレッジ
    甚目寺歴史民俗資料館
  • 萱津神社
    漆部神社 など

物件情報などはこちらからご確認いただけます。

  • 土地・物件情報
  • 物件リクエスト